夢の国って博多にもあるんですよ

遡ること8月21日、韓国ではApril初の単独コンサートである「DreamLand」が開催されました。そんな中、実は博多でもひっそりと開かれていたもう一つの「DreamLand」

 

腰に爆弾を抱えている一人の男と、博多に舞い降りたノンストップ方言天使

 

 

これはそんな二人のドリームランドアナザーストーリー・・・・・

 

 

 

【登場人物】

・M

 

・れいちぇる

 

・ごぼう茶

 

 

 

f:id:ringokun-m:20160909193224j:plain

 

まず皆さんに知ってほしいのが「西の夢の国」とも言われるここハカターランドに入国するまでの僕のハードスケジュール

 

一週間東京で部活の大会→3泊4日韓国→スタンディングMカ大暴れ→バカラビキナーズラック大はしゃぎ→羽田→夜行で京都→ひと時のやすらぎ→夜行で博多

 

加えて腰にBomb!寸前の爆弾所持の爆弾魔である。如何にここに至るまでに体を擦り減らしたかは想像に難くないね!

 

 

 

博多駅に朝7時に着いた僕は待ち合わせの時間である11時まで時間を潰す必要があったので、とりあえずマックに入る。とりまマック。とりマ。10時まで居座った後、猛烈な眠気に襲われたため駅ビル内のソファでとりあえず深い眠りに入る。とりまふかいねむりに。とりゅふ。

 

10時40分に目覚める。これは迷いどころ。。今から待ち合わせのご飯屋さんに行ってもいいけどきっとまだ来てないだろうし、後から来たれいちぇるに「うわっ、こいつめっちゃ待ってるよ、、、めちゃんこ楽しみにしてるやんけ、、、」と思われることを恐れた僕は、「お!今来たわ~」とさもそこまで楽しみにしてなかった感を出してクールに登場しようと11時2分前ぐらいに待ち合わせ場所である「磯らぎ」に到着。

 

f:id:ringokun-m:20160909201409j:plain

 

パイナップル聖地に追加、、、(しません)

 

 

そしてまだれいちぇるの姿が見えなかったため近くのソファでとりゅふ。結局すーすー寝てる姿を彼女に発見される形となり、めちゃめちゃ待ちくたびれてついには寝てしまった感まる出しになりました本当にありがとうございます。

 

 

 

いやいやもうそんなことはどうでもいい、どうでもよすぎてとりゅふって感じですよね読者の皆さん。気になるのはもちろんちぇるちぇるランドから舞い降りたれいちぇるのことですよね。

 

彼女とは3月の豊洲ファンミ以来(豊洲でも数分しかしゃべってない)の再会でした。あの時はぽわわコス&チョココロネだったのでロリロリなイメージしかなかったのですが、この日は髪を下ろしパンツスタイル(記憶曖昧なので適当)のオトナ女子コーデ、、、反転魅力ですね分かりますと心の中で冷静に解説しつつ感動してました、、、

 

 

無事合流した二人は磯らぎへ。

 

 

店員さん「お二人様ですか?カウンターか外の景色が見える窓側の席が空いておりますがどちらがよろしいでしょうか?」

 

にやにやしつつ顔を合わせる二人

 

僕「アッ、ドッチデモイイデス」

 

店員さん「では窓側の席へどうぞ~」

 

何このやり取り。

 

 

 

席に着いてメニューを見ていると、れいちぇると隣に座って普通にご飯食べようとしてるこの状況冷静に何なん?という疑問がふと浮かんだのですが、

 

「あっつい!キャピあっつい!キャピキャピ」

 

両手でパタパタ仰ぎながらきゃぴきゃぴしてる姿を見て「なんだ、僕は今ドリームランドにいるだけか」と納得しました。

 

 

f:id:ringokun-m:20160909193241j:plain

 

頼んだ料理はこれ。博多海鮮丼 だったっけ?サーモン食べたかったけど鯖しかないみたいなアレだったっけ?もう全然覚えてない!教えて!れいちぇるな人!

 

 

ご覧の通りもう記憶にぷつぷつと穴あきまくりなので ゴボウチャ れいちぇると話した内容は詳しくは覚えていないのですが ゴボウチャ いろいろとお話できたので大満足です ゴボウチャ 海鮮丼も ゴボウチャ とても ゴボウチャ おいしかゴボウチャ いやごぼう茶が一番美味しかった

 

 

 

帰りにまさかのお菓子詰め合わせをいただくというサプライズで涙が出そうになりました。一週間ほどなかなか手を付けられず、その後の山口での大会にも持っていきました。

 

そんな彼女にかねてからご希望だったニキビパッチをプレゼントしてあげたらよかったなと後から思いましたまる(決してニキビが目に付いたということではない、、です、、)

 

 

 

というわけでドリームランドアナザーストーリーはここでおしまい。

 

再会した時「あっ、リアルでも普通にタメでくるのね」と思ったのはまた別のお話・・・(全然構いませんむしろ嬉しいっすハイ)

 

 

fin