『The Unit』備忘録(01/20/25~26話)

UnitBの中間順位発表を見守る参加者たちの様子が流れる。順位が落ちたジュンQ、イゴン、デウォンはがっかり。ウィジン初1位に一同歓喜。そしてセルフプロデュースミッション1,2位特典のゲームキャラクターが完成し、試遊に訪れるジュン、ウィジン(男)、ウィジン(女)、エンシアの4名に加え、なぜかピルドクハンギョルセミヒョンジュの4名もついてきて、あからさまな贔屓が光る。ここでも男女は別々で変なところ徹底しているのがドユニクオリティ。ウィジン黒髪なっとる・・・彼らから見てもやっぱウィジンのキャラクターは本人そっくりなのね。

 

○100文字要約

音源発売ミッション女子編。男子と比べて曲のクオリティの低さが目立つも、ドユニ公式ヒョンジュママエンシア、ボリム、ラッキーちゃんなど推しがよく映ったので良しとする。エンシアのAlwaysチームが1位。(99)

 

○選曲タイム

Poco a Pocoってちゃんとした音楽用語で「少しずつ」って意味あるんですね。ていうか絶対ポコアポコて言っていないよね。ポコポコ言うとるし。女子陣、どの曲も良いからめちゃくちゃ迷うみたいなこと言ってたけど本気ですか?男子の時と同様、作曲家にアピールして曲を獲得していく形式。

 

・タルコメ - Iconic Sounds

どっかで聞いたことある名前思ったら男子のMy Story作ったチームか・・・室内でグラサンかけて女子にニヤニヤすな。この曲には黄チームのウィジン、緑チームのユナキム、赤チームのヒジンと、信号トリオが立候補。以前TheArkで一緒に仕事をしたことがあるから上手くいくと思うと縁の利を生かしユナキム率いる緑チームが獲得。調べたらTheArkの神デビュー曲「The Light」も作ってた・・・My Storyも良い曲だったのになんでもうちょっとマシな曲女子に提供してくれんかったんや・・・

 

・Cherry on Top - Secret Weapon

タルコメと共にセクシー系の一曲。びえぴのWake Me UpやがっせのParadiseなどを手掛けたチーム。ウィジンとヒジンのセクシー狙いチームがまたしても立候補。タイトルにかけて「このままトップまでかけ上がります」とヒジンのセンスオブユーモアが光る。ヒジンとセミの高音対決が始まりヒジンが勝利するも、ウィジンチームに軍配。顔の差かな?(コラ)

 

・Poco a Poco - 二段横蹴り

SistarのLoving UやドユニのMy Turnを作った割と馴染み深いチーム。これ一本狙いのエンシア白チームとチャヒオレンジチームが挙手。チャヒ「みんなこれではないと言ってる」「最初はそう思ってたけど、何か新しいことをやろうと思った」と参戦。ポイントダンスの可愛さで勝負。ソミ「聴いた瞬間からこの曲しかないと思ってました!」と大嘘アピールでオレンジが獲得。この曲にかけていたエンシアがっかり。

 

・Cosmos - Majoring

出ましたドユニ史上最クソ曲。と思ったら私の超お気に入り曲ラブリズのShooting Star手掛けてて複雑・・・後はパクボラムのCeleprettyなど。ヒジン「コスモスが好きな花なので・・・」と苦しい釈明。

 

・Always - Sophiya

最後に一番の良曲残るのなんでだ・・・エリックナムのMelt My HeartやプリスティンのWee Wooなどを作曲したLiLiCo似の女性。ヒジンはコスモス、エンシアはAlwaysを選んだため対決はなし。どう考えてもコスモスよりこっちの方が1位取れるに決まってるので正解。

 

○女子音源発売ミッション

1位:白(エンシアチーム) Always 377票

f:id:ringokun-m:20180128211220p:plain

一度に4個のハンバーガーをたいらげることでおなじみダイエット中のジウォンが、オンニたちから一口食べてみる?誘惑攻撃を受けていたことを明かす。ダイエットには周囲の協力が不可欠です。カワイイコ軍団集めてポコポコ一本釣り狙いだったエンシアはポコポコへの未練を捨てきれない。いや、マジポコポコじゃなくて良かったな・・・

 

ドユニ公式ヒョンジュママを自負するエンシアはヒョンジュにちょっかい出しまくる。若干引き気味のヒョンジュ。キヨオお化けのヒョンジュ愛郡を抜いててヤバイ。そんな中ジウォンはマフィンとの壮絶な戦いを演じていた。一口ならとユジョンオンニの許可が下りニンマリしてマフィンを食らうジウォン。ちゃんと一口でやめたあたり偉いと思ったけど皆がおやつタイムに入った瞬間結局我慢できバクバク食べ始める。「美味しく食べれば0カロリー」との字幕も飛び出す。その後も隙さえあればポケットにお菓子を詰めるジウォン。「ババ(ビバ)にあげてくる」と言って姿を消すジウォン。真相は闇の中である。

 

気を取り直してボーカル評価。ヒョンジュは舌ったらずで赤ちゃんみたいな歌い方を注意される。「会社では赤ちゃんのような声を求められて、大人びた声を出すと注意された。それが体に染み付いていた」確かにApril時代は舌ったらずな声で人気あったけど少なからず寄せていってた部分もあるのか。雪合戦を始めた女の子たちの姿に何を見せられているんだという気持ちを抱えながら本番へ。

 

女子で唯一好きな曲なんですけど、ユジョンとジフンの声めっちゃこの曲に合ってて良いですね。ジフンのAlways Alwaysヌゥワ~エマム~のとこ好きです。今回ジュヒョン全然出番なかったしアラサーセリさんのセーラー服いじりもなかったし残念。リリコ似の作曲家からも高評価をもらい全体でも見事1位を獲得。

 

2位:黄(ウィジンチーム) Cherry On Top 374票

f:id:ringokun-m:20180128211235p:plain

チーム名はドユニ放送開始時間の「10:45」ダサッ!Give it to meの頃から目をつけていたセミや、3回目の同じチームボリムなどウィジンお気に入りの実力者たちが集う。特にボリムには期待を込め、アイドル育成家としての一面を見せるウィジン。ぜひアイドル引退後は指導者なってくれ。恒例のキリングパート争奪戦(キリングできているかは怪しい)はセミを中心に進んでいく。普段はラップ担当のユミンとイェナが獲得。ユミンは後悔はしたくないと意欲を燃やす。

 

ダンス中間評価ではキレると職員室に帰ることでおなじみファヨン先生の「音を聴きながら踊れ。ただのエクササイズじゃないのよ」など厳しいお言葉が続く。恐れるボリム。一度は褒められたいと他の子が休憩中もウィジンと特訓するボリム。ウィジン割とスパルタ指導で年下感ゼロ。そして再びファヨン先生。「次から12cmのヒールで来い」とのお達しがあったもののヘインとイェナが準備できておらず、「どっかから持って来い」とヒール探しの旅へ。他のメンバーも一緒になって探し何とか見つかり練習再開。待ちくたびれてるファヨン先生怖すぎてちびった。よろけたり転んだりとメチャ危険なハイヒールに足の腫れがひどくなるヘイン。

 

本番。ファヨン先生も「女性チームの中で最も実力がある」と太鼓判を押すセクシーなステージ。ボリムのY字開脚もさすがの妖艶さ。曲はアルバムでやってくださいって感じでつまらんかったけど、ボリム綺麗で女優とは思えない動きだったしいいわ。多少なりともダンス習ってたでしょ。ユミンが歌詞をミスったらしいが、ここはさすがドユニ、ピ、チヨルらが必死に慰める。作曲家も「(ミスに)気づきませんでした」と笑いを誘う。なんか回を重ねるごとにどんどん優しくなっていって一体何を見せられてるんだって感じ。ボリム3位と大健闘。

 

3位:緑(ユナキムチーム) タルコメ 355票

f:id:ringokun-m:20180128211250p:plain

タイトルを免罪符にして甘いものを食し倒すメンバーたち。でか今気づいたけどナリめちゃくちゃ可愛くない?誰かに似てるんだけど誰だっけ。ゴルデのユラかモモかな。ファヨン先生の指導ではスジが集中砲火をくらう。TheArk時代はストリート系のダンスばかりしていたこともあって、力強いダンスは得意だがセクシーは苦手らしいスジ。「今回のミッションが一番難しい」そんなスジを見かねたユナキムはドンミョンサンナムジャプロジェクトばりのスジセクシー化計画を始動。しかしスジはセクシーをやろうとするとすぐに吹き出してしまう。ウヒ先輩のお手本を見て再挑戦するもやはり我慢できない。おなじくお子ちゃまエンも「かわいくない!セクシー!」と自己暗示をかけ修行に励む。

 

そしてその夜宿舎にて待望のユナスジモーメント。ユナキム「一回叱られないとダメだよ。なんでオバサンみたいな動きするの」スジ「私が欲を出せないコンセプトって言ったじゃん」ユナキム「いや、魅力を見せることができる。スジに踊りがなかったら一番に選んでないよ」スジ「いつから自信を失ったか分からない。TheArkが解散してからかもしれない」と重い雰囲気に。スジ「以前より大人しくなって、でも欲がない訳ではなくて、でも難しいことをこなすやる気を出すのが難しくて・・・」と自分でも自分の気持ちがよく分かっていないようで悩んでいたらしい。しかし翌日の練習ではパートに立候補するなど積極的な姿勢を見せユナキム感動。ドユニで自信も回復してほしい。

 

ボーカル評価ではウヒが自信を持てず歌っているように見えるとヒョナの指摘。ウヒ「高音に自信が持てない」ヒョナ「上手なのにどうしてそうなのか」と言われ泣き出してしまう。「もっとできるはずなのに・・・」とラストチャンスへのプレッシャーに押しつぶされそうになるも、ユナキムとの練習で自信をつけていく。

 

2回目の振り付け評価。またしても酷評を受けるメンバーたち。ファヨン先生「私が作った振り付けなのにあなたたちはこの程度のクオリティで踊るの?」「次までに振り付け変えてくるから今の振り付けは忘れて」と突き放すファヨン先生。振り付けがタイプだったから選んだのでやらせてくださいと頼み込むも、早く帰ってと取り付く島もない先生。ここでジエン「私たちをもう一度だけ信用してくれませんか」を懇願。するとなんと驚き、「5曲全部覚えてきて」とドユニ史上最悪の無理難題をふっかけるファヨン先生。番組自体ぬるくなってきてるからファヨン先生のおけげでギリオーディションの体裁保ってたところあるけど、これはちょっと意味不明すぎる・・・番組の雰囲気を締めるためのヤラセか?

 

3日間しか猶予がないため年末のKBSの特番の収録の合間にも練習するメンバーたち。そして1/1の夜、ついに他の4曲をフルコンプした姿を見た先生「なんで私がそうさせたか分かる?あなたたちは3日で全部覚えた。できる子なのよ」とよく分からないアメと鞭指導。時代錯誤にも程がある・・・あらためてタルコメの練習に取り組み本番へ。4曲覚えてる暇あったらもっと細かいとこ詰めれたのでは?

 

散々女子はクソ曲だらけ言ってきたけどタルコメはメンバーの声が良いからちょっと好きになってきた。そして恒例ピ&チヨルによる大褒め合戦が始まる。情が入るのは再起番組という性質上しかたないけど少しは客観的な評価もしてやれよ・・・ジエンが初1位となるもナリが最下位でハア?となった。ふざけんなよ最下位はエンだろ(ド直球)

 

4位:赤(ヒジンチーム) Cosmos 343票

f:id:ringokun-m:20180128211312p:plain

出ましたハイパー捨て曲コスモス。作曲家ニムもおふざけ感覚で書いた言うとったししゃーないか。ヒョソンがこの曲に合わせてゆめカワイイ感じになってて誰?!状態。他のチームからは意外と好評なこの曲、コスモスの香りに魅せられた参加者たちが続々と集う。マジ?私の感覚の方が狂ってんのか?

 

パート決め。サビは見た目こそ可愛らしい感じだが意外と音が高く難しいらしい。セルフティーザーでイェビンがこけてたのってただのハプニングだったのね。ファヨン先生の中間評価では、「もっとコミカルに動いたら面白いんじゃない?」といかにすればクレイジーに見せられるかを追求していく。本番ではダナがちっちゃくてかわいかったしヨウンオンニの動きが完全にコメディアンだった。以上。何回か聴いたらマシになるかと思ってたけどやっぱりクソofクソ曲であることには変わりなかった。これで1位取れるわけないやん・・・これに負けたポコポコとは・・・ヒョソン「女性になった気分です」 ビバ最下位なの暴動起こすレベルだわ。

 

5位:オレンジ(チャヒチーム) 320票

f:id:ringokun-m:20180128211325p:plain

皆さんラッキーちゃんの時間ですよ~!(シーン) ラッキーちゃん・ソミ以外オバ、、、オンニばかりのチーム。ジウォン「生まれたの私が小学生の時じゃない」ラッキー「チンチャヨ?!」ユンジョ「ヤー、知らないフリしないで」の流れ怖かった。ラッキーちゃんには優しくしなさいと法律で決まっています。ユンジョ闇深そうだし人付き合い苦手そうだし素出してて好感持てるけど怖い。そんなラッキーちゃんついにウチュウチュされる尺がたっぷり取られる。そして不思議ちゃんを見せつけドユニ公式4次元キャラになったソミ。

 

ダンス練習では、2000年代前半に流行った踊りと似たような振りがあるらしくオンニ組がそれで盛り上がる。ついていけないラッキーちゃんとソミ。それもそのはずジウォンとラッキーちゃんで干支一周しとる。歌詞も振りも少女の感性を表現したもので、不安を隠せないジウォンとヘヨン。選曲のときあんなに喜んでたのにどうした。ヘヨン「他のチームがミューバンに出てるアイドルなら私たちは・・・開かれた音楽界?」

 

パート割ではラッキーちゃんとソミが優先して目立つパートをもらっていく。ジウォン「大人になっても~♪って私が歌うの?」と苦笑。うちの子にパートくれてありがとうオバ、、、オンニたち。練習を進めるも恥ずかしさを隠しきれない。そこでチャヒが髪を二つ結びにしようと外面から若作りして少女に近づいていくスタイルを提案。ハロビぶりの二つ結びにユンジョ赤面。脱落したJooとハユンもちらっと映ってたけど触れられなくて残念。絶対面白いくだりやってたでしょ。

 

ファヨン先生による中間評価にも若作りスタイルで臨む。真顔のファヨン先生との対比is so cool. ファヨン「ソミ、ラッキー、ユンジョをセンターにしなさい」と後ろに下げられるオンニたち。若いという理由だけで前に出されることにソミ困惑。しかしドユニに出た初心を思い出し後悔は残したくないと、練習に励むラストチャンスのオンニたち。

 

本番ではほんとにラッキーちゃんメッチャ良いパートもらえてて最高だった。控え室からエンシアのキヨオ光線も発射される。ソミはナランサギレのハート繰り出しててワロタ。作曲家からも100点の評価をもらう。ファヨン先生以外甘々なドユニ。で、順位ジウォン1位なの解せない・・・ラッキーちゃん4位なのもっと解せない・・・このコンセプトとこのメンバーならラッキーちゃん1位じゃないとおかしいでしょ・・・全体の順位は5位でユンジョチャヒは笑うしかない。

 

<男子三次投票第2回中間順位>

f:id:ringokun-m:20180128211342p:plain

<女子三次投票第2回中間順位>

f:id:ringokun-m:20180128211355p:plain

またこの発表形式か・・・ヒョンジュが10位になってへこんでるんですけどまあ最終的に9位以内入れば問題なし!今回の1位チームのベネフィットってこれに反映されるんですかね。もう三次投票の期間終わって脱落者確定してるはずなんで次の2/3の放送で分かると思いますが・・・何人脱落するのかも分からないし、最後のミッション何するのかのお知らせもないし、「ザユニットブラック」みたいなよく分からない謎のアナウンスはされてるし、終盤なのに1週休みだし、女子の曲ヤバイし、そんな感じでドユニ視聴のモチベ下がってるんでもう早く順位発表してほしいです。

 

なんだかんだ放送は後2回を残すのみとなりました。よくここまでブログ書き続けてきたなという感じです。ドユニ見始めていろいろと思うところがあるので最後まとめたいなと思ってます。読んでくださっている皆さんも最後までお付き合いいただけると幸いです。